お化けの話。

汗をかきかき買い物袋をさげてコンドに帰ってくるとちょうど
買い物袋をいっぱいつみあげている管理人とガードマンとばったり。
何のパーテイ?と尋ねると、ゴースト.パーテイだよと笑っている。
今のシーズン、日本のお盆のように通りにロウソクやお供えが
してあったりする。ハングリイ.ゴーストといって、
お腹の空いた霊にお供えする習慣がある。
この期間は結構お線香の匂いもする。
うちのコンドでもゴミ置き場にお供えしておまつりするのだそう。
日本では夏におばけの話が盛んで、子供の頃は肝試しなんてのもあった。
お化けのお話では今でも、雨月物語が一番印象に残っている。なかでも
吉備津の釜というお話が一番おそろしい。最後に男の髪の毛が一筋、
というシーンは強烈なイメージ。げに、恐ろしきは女の一念。
おとなになってもこれは変わらないかもしれない。
以前から気になっていたので、仲良しのガードマン氏に
うちのコンドの近くで、お化けが出るって言われてるけど、ほんと?
はは、出ないよ。でもここらへんはムスリムの墓地だったんだよ。
ここはまだいいけど、向かいの空き地あるだろ、あそこは貧しい人達の
墓地だったからね、とのこと。やっぱり、ね。
高島屋に近いせいもあって、便利なところなのだけれど色んな噂があるのだ。
もともとオーチャードのイオンや高島屋のあるところも墓地だったのだ。
今やシンガポールの中心地、たくさんの観光客やシンガポール人が集う
一番の繁華街なのだが、元は墓地だったことはあまり知られていない。
この国で赤い建物や形が変わっていたりしたら、何かあると思ったほうが
いいかもしれない。霊をしずめる意味があるのだ。
そういう眼でいろいろな場所を眺めてみると結構面白いかもしれない。
狭い島のこと、激しい戦闘もあったし、変遷もあり、なおかつ
開発に墓地はぴったし。なんたって生きてる人間の反対はない訳だし。
セントーサもホテルにおばけがでるのよ、と韓国人の友人は言っていた。
イオンや高島屋が墓地だと聞いた香港人の友人はえーっ、一人でトイレに
行けない!とこぼしていた。だってずうーっと霊はさ迷うのよ!
そんな、公共の場所になれば浄化されるわよ、と答えたけれど、彼女の国では
そうはならないのだそうだ。中国人の霊は結構しぶといかもしれない。
ハングリー.ゴーストの期間は一か月もあり、この間はお腹のすいたゴースト
のために喜捨をする習慣がある。私もほんのちょっぴりだけどうちのコンドの
ゴーストに喜捨をさせてもらうことにした。
[PR]
Commented by enjoy-kay at 2012-08-24 10:32
gokurakucyoさん、コメントありがとうございました♪
シンガポールにお住まいだったのですね。
大昔にKLに少し住んでいた事があってシンガポールにもよく遊びに行きました。
墓地のお話と赤い建物とかのことは、知りませんでした。
興味津々と読んでしまいました。
by gokurakucyo | 2012-08-22 22:35 | Comments(1)

シンガポールの徒然を綴っています。


by ストレリチア
プロフィールを見る
画像一覧