あいうえお。

友人のスーザンが日本語を教えてと言うので、彼女の友人数人と
あいうえお、から教える事になった。
実は今まで4年間位、日本人会のテイールームで若いシンガポール達に
日本語検定2級以上と限定して無料で教えて来たのだが、
お能のイベントを区切りとして一段落と考え、スピーチコンテスト
など特別な生徒さんを除いてひとまず終わりにしたばかり。
上級者に限っていたのは、3級までは駐妻さん達のアルバイト先生が
一杯いるのと、月謝が安いからだ。でも折角習った日本語も上級になると
月謝も高くなかなか先生が見つからないと聞いていたので。
また無料で教え始めたのは、私がこの国で目の治療で救ってもらったことと
戦争中の不幸な体験でシンガポールでの日本人の行為を思うと、
暖かく日本人に滞在を許してくれているシンガポールに対して
何か出来ることがあればという思いがあったからだ。
今回の生徒さん達は60代半ばを過ぎたビジネスマンや夫とともに
日本をたびたび訪れた事もある元官僚夫人や経営者達だ。
全員高学歴者でNUS出身。教えるほうもあいうえお、とはいえ
気を抜けない。きっちり発音チェックからはじめたがやはり
なかなか。私の中国語と同じで音が違うのだ。
それでも来週までにひらがな全部を覚えてくるという。
レッスン中は英語、中国語まじりでこちらも大変。
突然中国語で切り替わる。私にとっても良い機会かもしれないが。
夫人がうちの夫、女性に習うと女言葉になるから参加しないと
言われ、大昔、日本でとても達者な日本語を話す外交官と会った
ことを思い出した。会話が終わって、おそるおそる私が誰に日本語を
習ったかと聞くと、ガールフレンドだと答えられて、納得。
すべての会話の語尾にね、がついていたのだ。これ本当の話。
でもあいうえお、の段階ではそれはない。
毎週頑張るそうだけど、忙しい彼等、何時まで続くかな。
終わってランチの時もうイタリア旅行の話になっていたから。
[PR]
by gokurakucyo | 2016-07-15 23:28 | Comments(0)

シンガポールの徒然を綴っています。


by ストレリチア
プロフィールを見る
画像一覧