シンガポールの光と影。

ひさびさに冷蔵庫のお野菜室がからっぽ。
いつもは決まった種類のオーガニックで作るので、文句の多いむすめに応えて、いろんなものを
買い込んで時にはだめにするものもあるのだが、暫くむすめがいないせいで
節約モード。お昼を買物がてら近くのBook Cafeでランチをすることに。
3.4年前は日本人客がいっぱいで日本のフリーペーパーやら日本のチラシなど
あったのだが、今は日本人よりローカルや欧米人が多くなっている。
オーチャード界隈もめっきり日本人客がいなくなった。
日本人観光客が激減したせいもあるかもしれない。
何しろパスタにデザート、紅茶のランチセットで23.5ドル!もするのだ。
私の無料日本語レッスンの生徒さんも313のフードコートでドリンクと簡単な食事で
8ドルもするといってこぼしていた。以前はせいぜい4、5ドルですんだのに。
ただ30くらいの生徒さんの知り合いの日本人はあまりオーチャードでお茶や食事を
するひとはいないという。日本企業の駐妻さん達とは違う日本人なのだ。
とはいえ最近、めちゃくちゃリッチな日本人についての本が読まれていてその本のなかには
かの有名な村上ファンドのシンガポール移住者も登場する。ただそのお話は数千億円のレベル。
シンガポールにはとてつもないお金持ちがいるのだ。
カフェでお昼を食べていると隣の席のおじさんふたり、お話からするとセミリタイア組
のようだが、お話は健康食にはじまり、当然ながら不動産投資、最後は日本旅行で終わって
またね、と席を立っていく。勝ち組のお話。気に入ったお茶をマレーシアの友人に
栽培させているという。ガンに効くと力説していた。不動産投資、これは当たり前の
ことながら、最近の不況のせいか若い投資家の倒産話になる。シンガポールでは年金が
少ないため自己投資で老後資金を蓄える事が必要で、不動産投資には極めてチャレンジング
なスタンスをとる。ただ今までのような右肩上がり時代と違って大変だ。
日本旅行、盛り上がっていたけれどジム、ロジャースと一緒に写した写真を友人に
みせたおじさん、ワイフがね、とちょっと声を低めていう。
北朝鮮が。。。なにが起きても不思議はないし、それに突然だろう、と。
でも、シンガポールはこんな人達ばかりではない。
先日病院の帰りに乗ったタクシーの運転手、必死に携帯でなだめている。
大丈夫、泣かないで、もう少ししたら帰るから、我慢して。
気になって尋ねてみると、妻がガンで治療中なのだが1本500ドルもする注射が
打てず、苦しんで連絡が来るという。どうしてやる事も出来ず、辛い。
言葉が出ない。シンガポールはお金がなければ快適な暮らしは出来ないんだ。
この国の誰もがいうセリフである。だがそれは果たしてシンガポールだけのお話だろうか。

[PR]
by gokurakucyo | 2016-09-19 17:23 | Comments(0)

シンガポールの徒然を綴っています。


by ストレリチア
プロフィールを見る
画像一覧