<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中国語

丁度中国語のレッスンに向かおうとしたところあいにくの激しい雨。
ひさびさに雨期を実感する。でもあの長いヘイズを経験したせいか
雨期もまた良しと感じてしまう。それにしても今までのシンガポール、
激しい雨に見舞われたら確実にタクシーを捕まえられなかったのだが
このところ容易になったのは、やはり不景気なのかもしれない。
それにしてもちっとも上達しない私の中国語、思い切って試験を
受けようと先生に尋ねたら、まず初級の試験を受けるようにと
言われ、憮然とする。でもよく聞いてみたら、中級を受けるには
初級の証明が必要なんだそう。日本語検定は飛び級で受けられるのに
と言うと、先生、そんなことをしたら、誰も初級を受けなくなって
しまうからと。いかにもシンガポール人らしい考え方だ。
最近シンガポール人の友人がメッセージでジョークを送って
来て大笑いしたので、先生に見せた所、先生はにやりと笑い
これは違うねと反論された。そのジョークは以下の話だ。
飛行機が緊急着陸をするにあたってスチュワーデスが
乗客に脱出を促すアドバイスをキャプテンに尋ねた。
キャプテンはそれぞれの国に応じて答えた。
曰く、アメリカ人には冒険だ!イギリス人には名誉だ
フランス人にはロマンス、ドイツ人には義務だ。、
日本人には命令、そしてシンガポール人には説明せずに
行列を作らせればいいんだ。するとスチュワーデスが最後に
じゃマレーシアの大臣にはなんて?と聞いた所
連中には寄付だ!と言えば良いんだよと答えた
と言うお話。このシンガポール人のくだり、先生
かく反論した。そんな行列なんて大人しく並んでないよ
状況を見て真っ先に逃げる。このジョーク受けるかも
しれないけれど実態とおおきくずれているのだ。
だいいち軍隊じゃあるまいし、日本人は命令なんてもう
聞かない世代になっている。それでもこのジョークが
受けるのはある種のコンセンサスが存在するからだろう。
最後に今日の授業で教えてくれた話。
現代中国語が日本語の影響を強く受けているのはよく
しられているが、現代中国語は複雑な漢字を簡体に
変え解りやすく普及させるために多くの省略文字を
作っている。
そのひとつ、親不見 愛没心。
簡化前:親
簡化後:亲
簡化前:愛
簡化後:爱
いずれも肝心な所が抜けている。
子供を見ないのは親じゃないし、心のない愛は愛じゃない
という訳だ。これは本来の漢字文化を維持する台湾や香港の
ような華人の、新しい中国に対する強烈なパンチのようだ。
[PR]
by gokurakucyo | 2015-11-24 23:14 | Comments(0)

束縛。

ここ3年ほど隔週土曜日日本人会のテイールームでシンガポールの
外国人に日本語を無料で教えている。テイールームなので
5人限定、日本語検定1級2級レベル以上が対象。
ほとんどが社会人で仕事もあり、交互にお休みするも
なかなか熱心。昨日は日本旅行から帰って来た生徒さん、
明日、習っている日本語学校の会話の試験があるという。
いくつかの設問のトピックに結婚は束縛か?という
項目があり、彼曰く、束縛です。
ま、束縛っちゃ束縛だけどね。でもいろんな束縛が
あるけど家族も束縛、仕事も束縛だと思うけど。
それにしても束縛、との即答には彼にはまだ決まった人が
いないに違いない。不肖我が息子も即答とまではいかないが
多分束縛、と答えるに違いない。敢えてその束縛に飛び込むには
かなりの必然がないといけないのだろう。
束縛、という言葉にはマイナスのイメージが既にある。
現代の若者にとっては、あまりに自由な環境にあるせいで
結婚は選択の束縛なのだろう。
昔はね、永久就職という言葉があってね、結婚は
永久就職と言われていたのよ。驚く外国人達。
でもね、今はパートタイムでもないかもね。
は?結婚は一生を保証してくれた仕事のようなもので
ほとんどの女性は結婚するものと見なされていたの。
この事情はシンガポールでも変わらなかったようだ。
リー、クワンユーのおかげよ。と友人の女性実業家は
言う。20年位前にシンガポールの状況は変わり、経済成長
とともに女性のポワーが上がり、今では強すぎて結婚したくない
という男性もいるようだ。我が息子も日本でもとても女性には
気を使うから草臥れるという始末。もともと気を使う質だから
よけいかもしれない。演歌の世界で貴方の為ならなんでもの
世界はもう幻なのだ。私の時代は結婚せず一人で生きて行くには
教師か看護婦くらいしか思いつかない時代だったけれど
今の日本では夫婦二人働いてやっとこさの時代である。
一生安泰なんて大企業でも保証されない時代なのである。
何時の時代も勝ち組なんてものはあるけれど宝くじの
確率よりはましなくらい。とてもじゃないけれど
永久就職とは言えない。
で、再び束縛になる。不安定な時代、自分一人でも
生きにくいのに二人で子供という更に不安定な選択をし
おまけに束縛の極みの介護となると、結婚は慎重に
ならざるを得ないだろう。まして相手の選択を間違えた
としたら。
結婚は束縛か、と設問した教師の顔が見えるようだ。
[PR]
by gokurakucyo | 2015-11-15 23:35 | Comments(0)

シンガポールの徒然を綴っています。


by ストレリチア
プロフィールを見る
画像一覧